終わってから、キスの嵐が続いた...


キスは嬉しいけど、もー...なにがなんだか...


はぁー...。





「大丈夫?」



「...ダメ...」



「ごめん。もっと優しくしたかったのに、
なんか...たまんなくなって...つい....」



「...........。」


終わって、何か着たかったんだけど
それすらも出来ないくらい真っ白になっていたので
裸のまま、丸くなり固まっていたわたし(笑)




「なー...そんな恰好してたら、また...たまんなくなるじゃん」

そう言って、後ろから抱きしめてきた。


「たまんなく...なりすぎだよ...タケシ...」



「それはしょうがないじゃん。初めてみくを見た時から、たまんないんだから...」



また出たー...甘事職人。
けど
ちょっと聞いてみたくなって
彼の方へ身体を向けて

「ねー...たまんないのって...」

そう言いかけたら、キスで口を塞がれて


「...みくだけ」

...って言った。





「ぎゅってして...」    



「...うん」




「スキ...大好き...タケシ...」




「うん...分かってる。俺も大好き」



見つめ合って、また、キスをした。




(笑)




「もう、寝ないとね。仕事でしょ?」



「今日は、休み。だからずっと一緒にいたい...って思ってるけど...いい?」


えっ!ってことは、一日中ここにナナヌーが居るって事なの?
嬉しいけど、ドキドキし過ぎて、疲れる...けど、やっぱりうれしい。



「いいよ。ずっとこうしてて...」  



「うん...」


それから

わたし達は、裸のまま抱き合って眠った。



...........




どのくらい眠ったんだろ?


昨日、あんなに早く寝たっていうのに、また寝てしまうなんて...
濃すぎるエッチをしたから、身体がビックリしたんだね、きっと(苦笑)


彼を起こさないように、そーっとベッドから出て
着替えを持ってお風呂へ。
ササッと流して、色気ゼロの家着を着て

恥ずかしいくらい濡れたショーツは手洗いして
彼のトランクスとかトレーナーなど、彼が着ていた物は、洗濯機へ。


時計を見たら、もう午後3時。



洗濯している間に、下着だけ買いに行くことに。
勝手に色々されるのって、多分好きじゃないだろうけど...
わたしも好きじゃないから分かる。

けど、同じ下着をまた...ってのは、許せなくて...(苦笑)



買い物を済まして、家に戻って、彼の様子を見たら

ふふふっ

まだ、寝てた。




わたしは、応接間のソファーに座って
チョコレートとコーヒーをお供に、彼が起きるまで本を読んで過ごすことに...。






最後まで読んで頂いてありがとうございました。ニコちゃん

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

よろしくお願いします。