キスをしながら

自分が着ているジャンパーとトレーナやTシャツを脱ぎ捨て
わたしからカバンを取り、コート...パーカーと一緒に長袖のシャツも脱がしてく
わたしも、彼のベルトに手をかけたら

自分で、ジーンズとトランクスを脱いだ。
わたしもその間に全部。

裸で抱き合い、噛み合うようなキスが続く...




二人の荒い息遣いとくちびるから漏れる甘い吐息が
より興奮させる...



自分のトレーナーをソファーの上に敷いて
その上に座り、わたしを自分の上に乗せた。


何もされてないのに、淫らに濡れてるわたし...


胸の先端を少し乱暴に吸い付いてきて、噛まれる。


「...っ...ぁ...っ...っんん...」


いつものナナヌーじゃない...けど、それがわたしを欲情させてく...


キスと胸への愛撫だけなのに、気持ち良すぎて
腰が勝手に動く...


彼のモノがわたしのヌルヌルと濡れたそこに当たる...
このままだと...
生で入りそう...



はぁーぁーっ...っんん...
わたしの奥が疼く...



我慢できなくなって



「ねー.....もうー...挿れてほしい...」



わたしが絶対言いそうにない事を言ってしまった事で
余計に息が荒くなる彼...



ゴムをつけ
わたしの腰をぐっと両手で掴んで、一旦持ち上げ
それから、自分のモノへ勢いよく引き下ろした。


「あぁ....あーーんっ....ぃやぁっ...ぁん...」



ググッって乱暴に奥まで突き立てられ
挿れられた瞬間から中が痙攣し、彼のモノを締めた。
そして、淫らすぎるくらい腰が動く...


どうしてこんなに欲情してるんだろ?
自分でも考えられないくらい、乱れにみだれる...



「はぁー...みくー...すごい...」

少し苦しそうな表情をする彼



激しく抜き差しされて
わたしのそこからたくさん溢れてきて
彼の脚まで垂れて...濡らしてしまった...。






最後まで読んで頂いてありがとうございました。ニコちゃん


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな恋愛(ノンアダルト)へ

よろしくお願いします。